事例2:一人暮らしで障がいをお持ちのBさん

Bさんは、数年前に九州から京都に引っ越しをされ、アパートで一人暮らしをされています。

親族の一人が保証人になっていますが、この方と仲違いしたため、今後、更新の問題が出てきた場合、どうなるか不安に感じています。

また、現在のアパートの周辺は、湿気が多いため、手術歴のあるBさんは、健康についても不安を覚えています。部屋の広さなど、多くを求めてはいませんが、できれば環境の良い場所に転居したいと考えています。

現在、障害者の支援活動を行っている方から空き室情報が寄せられ、近く下見をされます。

⇒日当たりが良く、静かな環境で、すぐ近くに銭湯もあることから、「ここにします」と即決されました。

居住支援専用ダイヤル

高齢者、低所得者(若者を含む)、障がい者など、住まいに困っている方はお気軽にご相談ください。
居住支援専用ダイヤル:075-205-5512
受付時間 10:00 - 17:00 [ 土日・祝日除く ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。