事例1:高齢者の一人暮らしの方

Aさんは、借家で一人暮らしですが、建物の老朽化が激しく、家主さんからは、「解体して更地にするので、来春には退居して欲しい。」と言われています。

近くに妹さんがおられ、保証人にはなってもらえますが、高齢者の一人住まいを敬遠する家主さんが多いのが現状です。

生活保護受給者などの弱者に理解を示されている家主さんもいらっしゃると聞いていますので、区役所の生活保護担当課や、区社協、不動産業者などとも連携して、空き室情報を入手して、下見等を実施することにしています。

 ⇒当法人が不動産業者を通して紹介した物件は、浴槽などに難点が有り、気に入らなかったようですが、飛び込みで入った別の不動産業者の紹介で、妹さんの近くに手頃な物件が見つかり、入居を決められました。

NPO法人くらしコープ

●居住支援事業
低額所得者、被災者、高齢者、障がい者、子ども養育者、矯正施設退所者などで、住まいに困っている方のサポートをいたします。

●生活支援事業
法人、個人事業主、任意団体等から、不用品処理、清掃、剪定・草引き、誘導員派遣などを承っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。